CAMELのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS O君の事

<<   作成日時 : 2007/10/09 02:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、ぎょらん亭系列のラーメン店に行ったのだが、ぎょらん亭というと、私は何故か、同じ職場のO君の事を思い出す。
もう5、6年前になると思うが、ぎょらん亭がまだ、小倉北区の中井に『貴龍』という名前で、営業してたころ、職場の連中を連れて、昼休みにそこに行っていた。
私は昼食は、基本的に弁当なので、そんなに外に出ることは少なかったが、職場仲間は、よく貴龍を利用していた者もいて、私より、はるかに常連になっていた。
O君もその一人だった。
たまに、『今日はラーメンを大盛りにしてくれた』と、言っていたこともあったので相当な顔なじみになってたのだろう。

しかし、突如、貴龍は小倉南区に移転し、中井の貴龍はなくなってしまった。
職場が戸畑なので、昼休みに行けるところとなると、当然、範囲が限られていて南区までは、とても行けない。

貴龍に行けなくなったO君は、かなり落ち込んでるようだった。
そして、私に、『どこか、いいラーメン店を知りませんか?』と聞いてきた。
いいラーメン店!  この表現が、抽象的だったので、O君に『君の言う、いいラーメン店って、どんな店?』と聞くと、O君は『マンガ本が置いてある店』と即答してきた。
そういえば、貴龍にもマンガ本があったなあ〜。
いい店の定義は、人それぞれだから、とやかく言うつもりもなく、そういった観点で、とらえてるんだと、ある意味、なるほどと感心したものだ。
また、紹介するにしても、昼休みに食べに行くので、当然、会社周辺のラーメン店という条件も入っている。
そこで私は、『それならS店に行ってみたら』と、車で7,8分くらいで行けるS店を紹介した。
ラーメンの味ははっきり覚えてなかったのだが、マンガ本は置いてある。

それから、1週間くらいたって、O君に、『S店に行った?』と尋ねると、彼は、何回か行ったようで、いいラーメン店を紹介して頂き、ありがとうと、私にお礼を言ってくれた。 
紹介した店が、彼の言うところのいいラーメン店だったようで、私もほっとしたものだ。
そして、さらにO君は、『S店は、ほんとにいい店だけど、ラーメンはまずいですよね』と付け加えた。  
わかってるじゃないか! 更に、感心したものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
O君の事 CAMELのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる